春にすべきこと

春は、新芽とともに様々な生命が活動を始める季節です。冬の間、眠り休んでいだ身体も心も活動開始です。ですから、まずは解毒、そして発散です。冬は寒くて外に出るのがおっくうでしたが、春になると自然と外に出たくなるものです。その自然の感情に素直にゆだねましょう。身心を解放し、汗をかき発散しましょう。上がった気をうまく発散できないと、のぼせや頭痛や鼻に問題がおこり風邪をひいたり花粉症になりやすくなります。春先に足三里にお灸をすると、一年間胃腸の調子がいいという昔からの健康法があります。解毒には、ほろ苦い山菜が最適です。いよいよ、ふきのとうが芽生えはじめました。北海道、春です。