東洋の時間医学

東洋医学では、気が身体に流れ、しかるべきところへ巡っています。その中でも時間によって特に働く臓腑の経絡に分配されています。また、2時間ごとに12の経絡を巡り一日の24時間になります。誰が考えついたのかわかりませんが古代より経験的に伝承されています。


朝3時から朝5時は、肺。
朝5時から朝7時は、大腸。
朝7時から朝9時は、胃。
朝9時から朝11時は、脾。
朝11時から昼1時は、心。
昼1時から昼3時は、小腸。
昼3時から夕5時は、膀胱。
夕5時から夜7時は、腎。
夜7時から夜9時は、心包。
夜9時から夜11時は、三焦。
夜11時から朝1時は、胆。
朝1時から朝3 時は、肝。
 
身体の日内リズムでは、まず朝3時から肺が働きはじめます。まだ眠っていましても身体は、活動し始めているのです。肺の気を受けて大腸が働きはじめます。前日の消化物を便として排出させます。便意とともに目覚めるのが理想でしょう。この時間に排便しておかないとその日は大腸が働かず便秘になると思っておいたほうがよろしいでしょう。排出されると腹がへり胃が働きはじめます。一日の活動源である朝食をしっかりとります。胃の消化の後は、脾が栄養を吸収し全身に配ります。このあたりが午前中でしょう。さて、ここからがもっとも身体が活動し始めるところです。次の11時ころから心が働き始めます。心とは精神であり、物事を考える源です。朝食の栄養をしっかり受けて、なにをすべきか考えたり、ひらめきが起こるのもこの時間です。午後からの行動が決まるころには、昼ごはんです。1時からは、一気に活動し、それを補うように小腸が働き栄養を供給します。もっとも身体が動く時間です。3時になると、ティータイムて一息つきます。もう、身体は、休息に向かいはじめます。3時からは膀胱が働きはじめ水の流れをおこし活動による代謝物を洗いながします。5時ころには腎が働き流されてきた水分を必要なものは戻し、いらぬものは排出さます。このあたりで一日の活動による代謝がおわるのでしょう。7時ころ夕食をとり夜の栄養をとります。心包とは、心をとりまく大臣たちのような役目があり、ここがしっかりしてますと多少心が乱れても守ってくれる大事なところです。ですから、ゆっくり落ち着いて夕食を楽しみ心をのびやかにする時間です。9時からの三焦とは、上焦中焦下焦の3つをいいます。胸部の心肺を上焦、腹部の脾胃を中焦、下腹部の腎膀胱を下焦といい、これらを円滑にするのが三焦の働きです。もう、意識のない無意識の領域で身体が調整してくれています。ですから、眠たくなってきます。起きていると意識が三焦の働きを邪魔するからです。11時には、胆です。月と日が含まれる字のごとく、陰と陽のバランスを調整する働きです。1時には、肝です。すべての解毒と全身への栄養配布の時間です。三焦、胆、肝は、睡眠中に全身を整え解毒させる時間にあたりますのでとても重要ですので必ず寝てください。ここが乱れると、翌日に疲れが取れなかったり不眠障害がおこってきます。これが終わると、肺が働きはじめて次の日になるのです。
 
ざっと ですがヒトは、このように自然のリズムと同調しながら生きているのです。「自然と調和する」とは、こういうことなのです。ですから、自然のリズムと身体のリズムを調和するように意識をして暮らすことで、自然にいろいろなバランスがとれてくるのです。その働きをする力を「自然治癒力」と称しています。この力を最大限に引き出すために自然と調和することを強くすすめているわけです。そうすれば、いつまでも健康でいられるのだと古代より伝えられているのです。