未病(みびょう)

病気ではないけれど、健康ともいえない。そのような状態を「未病」といいます。お医者さんに診察うけても病気ではないのでとりわけ治療をうけることもないような症状。「検査の結果、大丈夫ですよ問題ありません」といわれても、どうもおかしくツライ症状。たとえば、肩こり、腰痛、冷え症、ほてり、不眠、食欲不振、疲れ、体力減退、めまい、のどの渇き、イライラ・無気力などの神経症、肌あれなどなどです。それらは、身体からのなにかのメッセージであり訴えです。そのまましばらく様子をみていると自然と治ることもありますが、ずーっとそのような状態が続いているようでしたら問題です。生活習慣や食生活、ストレス、運動不足、悩みや心配事などが原因の場合が多いです。そのままでは、いずれなにかの病気になる前に「予防」しておく大切さを東洋医学は知っています。日々の健康維持増進、健康管理、養生に一役になればと願っています。