耳をゆるめる

ぜひとも、この機会に耳をゆるめる感覚を身につけていただき日々の習慣としていただきたいです。先日、陰陽について申しましたが、耳においても陰陽があります。なにかに耳を傾けて聞きこむときには交感神経が働き「陽」、なにを聞くわけでもないがなんとなく漠然と耳を解放しているようなときに耳はゆるみ副交感神経が働き「陰」となります。例えば、テレビを見ていると、それを見て聞いていますから他の音がはいってきません、目耳ともに興奮している状態です。パソコンもまたしかりです。ずっと興奮してますから疲れます。耳をゆるめるとは、森の中にいるときに体感できます。そこにはさまざまな自然の音があり、まるでオーケストラのように耳に入ってきます。まわりに溶け込むといいますか一体になって全体を聞いていて、いつでもなにかを聞く準備をしているような感覚です。
また、ウサギなどの動物は、耳をヒョコヒョコ動かしています。ということは、耳を動かす筋肉がしっかりとあるということになります。ヒトは、退化したものの耳を動かす筋肉がなごりとして耳の周りや首に存在しています。肩こりや首こりなどの原因がこのあたりにあるかもしれません。耳をゆるめるとそれらもゆるみますから楽になりますよ。ただ、いつもゆるみっぱなしではいけませんよ、聞くときにはしっかり聞きましょう。なにごともバランスです。