5kgの手

私の手の重さは、だいたい5kgあります。ですから、肩に力が入るとずーっと5kgを持ち上げていることになります。肩こりの原因です。無意識のうちに力が入っているのです。5kgって結構重たいですよ、お米5kgと同じなのですから。例えば、マッサージをするとき、私は、完全に肩の力を抜いて行います。力を抜くと、5kgの重さがそのまま相手にズーンと伝わります。さらに全身をうまくゆるめて強調させてゆきますと、体重(=重力)70kgの圧をかけることができます。無理に筋力や体重をかけるよりも柔らかく深く重たい圧が入っていきます。これは、太極拳特有の身体操作で力を抜くことで丹田から沸き上がるような力を相手に伝える技法です。ゆるめればゆるめるほど力が出てきます。出てくるというよりも通りが良くなるという方が近いです。この力は、筋力の力と区別され「勁」(けい)と呼ばれています。この勁を出すことを「発勁」といいます。このことを知って以来いつも肩や全身の力を抜いて生活しています。ですから、肩こり腰痛などほとんどありません。なにより、楽なのです。このあたりが太極拳が健康に良いと言われる理由なのでしょう。このことをひとりでも多くの方に伝えたいのです。