生長化収蔵

東医では、季節に応じておこる万物の変化を「五変」として表現しています。春・夏・長夏・秋・冬に対して、生・長・化・収・蔵。春に芽生え、成長し実り収穫し眠るまでの一連の自然現象の摂理です。ヒトの活動や感情も同じく五変しており、今は春前の冬「蔵」にあたり内にはいり眠りのときです。このときは、なにか事を始めようとせず、じきに来る春にそなえて準備し計画を練るのがよろしいでしょう。