寝ているときに足がつる

「つる」痛さは耐え難くおさまるまでじっと我慢するしかありません。なぜ、つるのか?という疑問に現代医学でも実はその機序が解明されておりません。私の患者さんにも幾人かおられますが、共通して身体が硬いというのと踏ん張る動作が多いように思えます。おそらく休んでいる筋肉が急に動かされることで硬直してしまうのではないでしょうか。また、循環している「水」が不足しているという説もあります。湯治を研究しておりますと、興味あることがらが紹介されておりましたので紹介いたします。朝目覚めたときにすぐにコップ一杯のお水を飲むことで身体の覚醒を促すそうです。夜寝るときにお水を枕元に用意しておいて朝それをいただく。このお水のことを「神水」といい、湯治の伝統だそうです。すぐには効果がないかもしれませんが3か月の続けていると、そういえば最近つらなくなった~っと気づくかもしれません。また、お酢も効果あります。料理に一品酢の物をとりいれる習慣もおすすめです。ぜひ、お試しください。