三年学ばんより、三年師を選べ

三年間の独学より、三年かかってでも良い師、良い先生を探し出して、その人について学んだ方が発展するという意味のことわざです。

ふりかえれば、私には時節々に恩師と巡り逢い、そのことにより人生を豊かに変化させていただきました。師から学ぶことは、数少ない言葉の中に深い思想が内包されており、自身の未熟を目の当たりにします。年月かかろうが、いつしかこのようになりたいと目指すべき道をしるしてくれます。