しっぽ

私の身体動作を劇的に変化させたことをお伝えします。それは、「しっぽ」があることを意識することです。もともと人間には、動物のようにしっぽがあったそうです。進化の過程で必要なくなったのですが、あると意識するだけで動きが変わります。頸椎あたりからしっぽの先まで一本のラインを意識します。しっぽを反らしたり、丸めたり、回したりすることで自然と身体全体が協調するように動いてくれます。微妙な意識操作なのですが、それにより腰椎や胸椎に弾力が生まれたように思えます。自然体であるときには、しっぽをだらりとぶら下げておきます。そうすると力が抜け、まっすぐに立つことができます。ちなみに、猫背の方は、しっぽが前に丸まった状態です。無理せずゆっくりしっぽを反らしてみてください。呼吸に合わせると尚よいです。吸うときにしっぽを反らせ、吐くときに丸めてゆきます。是非、お試しください。