抱拳礼

礼を重んじる太極拳の挨拶のことです。左手は、各指の間を開けすぎず閉ざしすぎず、張りすぎず張りなさすぎず。人差し指から「知」「徳」「体」「美」を表し、まずは知ること、日々徳を積み、体を鍛え、極めれば美となることを目指します。親指は、第一関節を曲げる。これは、親指が頭を表し、相手に対しておごらず頭を下げるという意味があります。右手は、拳にし、左手の労宮にあてがい、くるりとひるがえす。拳は、あなたに向けず自分自身の心に向けます、隠すことなどなく、すべてさらけ出します、という意味があります。