祈り

昨年、白鳥哲監督の映画「祈り」を観て以来、ずいぶん影響を受けていることに最近気が付きました。米国に医師の50%は、祈りを治療に取り入れているとの報告があり、幾分驚きながらもそうあるべきだなっと思いました。以来、私も祈りという行いを習慣にしています。「○○さん、よくなりますように」。私のなかでの「施術する」ということに対する態度に変化が現れてきました。